Amazon.co.jp ウィジェット 投資に関する本

投資に関する本

スポンサーリンク




投資・資産運用に関する本で、オススメできるものを紹介しています。

投資・資産運用入門

みんなの投資
投資信託を利用した資産形成を分かりやすく解説しています。

内藤忍の資産設計塾
資産運用の方法や各種金融商品などを解説しています。

投資信託のしくみ
現役ファンドマネジャーが書いた本です。
投資信託の基礎知識や、投資信託選びのポイントなどを解説しています。

投資信託選びでいちばん知りたいこと
実践的な投資信託の選び方を中心に解説しています。
資産運用全般についても参考にできる内容。

株式投資

株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす
株への長期投資の有効性を説いた本です。
バリュエーション(主に、PER、配当利回り)、配当再投資が大事である、と。

インデックス・ファンドの時代
インデックス・ファンドの元祖&最大手(?)であるバンガードの創始者ジョン・C. ボーグルの本です。
長期的にはコストの分だけ市場平均(株価指数など)を下回る運用成績に収束する、従って、コストが安いインデックス・ファンドの方が、アクティブ・ファンドよりも有利であるということを詳しく解説している。

ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理
テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析を完全に否定するわけではないが、インデックス・ファンドを買って持ち続ける(バイ&ホールド)運用手法の有用性を説いた内容。

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
『多くの人が受け入れるようになった「所詮、市場平均を上回るような運用はできないのだから、あなたも市場平均を買いなさい」という考え方には、決して屈しない。』という考えに基づく株式投資の指南書。
インデックス・ファンドの元祖&最大手(?)であるバンガードの創始者ジョン・C. ボーグルが「インデックス・ファンドを上回ることは在り得る」と言っていることも紹介されている。

著名投資家

大投資家ジム・ロジャーズ世界を行く
バイクで世界を旅しながら各地の歴史や現状分析から投資判断を行った記録。
ジム・ロジャーズ氏の投資哲学が凝縮された一冊。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
彼の投資哲学が凝縮された一冊。
目新しい、もしくは特別な何かがあるのではなく、投資(株式投資)の王道と言える考え方だと思う。
強く印象に残ったのは、ジム・ロジャーズの本でも感じたことだが、「株式投資をする場合、少なくとも、人間性、資本主義、国家、将来の一般的繁栄に対して、基本的な信念を持たなければならない。これまで、どの一つも揺らいだものはなかった。」という部分です。

バフェットからの手紙
ウォーレン・バフェット氏が経営するバークシャー・ハサウェイ社の株主へ向けて書いた「会長からの手紙」をまとめたものです。
一冊の本としては、非常に読みにくいが、ウォーレン・バフェット氏の投資哲学が凝縮された一冊ではある。
ウォーレン・バフェット氏の投資手法や投資哲学を知りたいなら、他に簡潔に書かれた本がたくさんあるので、そちらをオススメします、本人が書いた本はないはずですが。

億万長者・お金持ち

となりの億万長者
アメリカの億万長者を調査し、その結果をまとめた本です。
億万長者になりたい人だけでなく、子どもへのお金に関する教育についても参考になる内容でした。

普通の人がこうして億万長者になった
日本の億万長者を調査し、その結果をまとめた本です。
億万長者の方の「考え方」や「価値観」が中心の内容でした。

金持ち父さん貧乏父さん
お金持ちになるためだけでなく、お金の心配をし続けなければならない人生を送らないためにも参考になる内容でした。

不動産投資信託「REIT(リート)」

不動産投資信託「J-REIT」でラクラク配当生活!
REIT(リート)関連の本は何冊かありますが、どれも似たような内容だと思います。
強いて一冊選ぶなら、読みやすいこの本かなと。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする