投資の(きわみ)

2006年07月31日

業績予想を下方修正

今日は、いくつかの銘柄で一部売却など。

一部を売却した銘柄のひとつは帝人(3401)です。
最近の下落過程で買い増しを続け、投資配分が大きくなり過ぎていたため、前場に一部売却。
そして、昼に業績の下方修正を発表・・・一部とはいえ売却しておいて良かった・・・が、後場の気配を見てびっくり、、、ここまで下げるような内容ではないと思うが・・・。
と言うことで、後場の寄りで買い増し、、、±0付近まで戻ると予想していたが戻らず、勢いが弱いので、買い増した分を売却、、、、お小遣いゲット!となりました。

為替が円高方向に進んでいるので、外国株投資用の余力を作るため、資金を移動中。

加重平均益回り:6.73%
投資資産倍率:1.126倍
運用実績(昨年末比):-6.48%

2006年07月28日

業績予想を上方修正

今日は、神鋼電機(6507)・日本鋳造(5609)を一部売却など。

神鋼電機の株価は適正な水準だと思うが、投資配分の調整の意味もあって一部売却。

日本鋳造の株価は十分割安だと思うが、出来高が少ないため、何か悪材料があった時が怖いので投資配分を下げる意味もあって一部売却、、、、売却後に業績予想を上方修正・・・・。

加重平均益回り:6.87%
投資資産倍率:1.221倍
運用実績(昨年末比):-7.32%

2006年07月27日

夏・天候とビール

今日は、ボッシュ(6041)とアサヒビール(2502)を一部売却、その他デイトレードを2回転程、お小遣いゲット!

ボッシュは、テクニカル&投資配分の調整のため売却。
ボッシュについては、5月17日にも書いているので興味があればどうぞ。

アサヒビールは、前場の株式相場全体が軟調な中で、上昇していたのを見て売却。
予想益回り:5.20%(PER:19.25倍)で、株価は適正な水準だと思うが、投資配分が大きいため、調整の意味もあって売却。
今年は梅雨明けが例年より遅く、冷夏となる可能性が高いとかどうとか、、、、アサヒビールの株価の重石になるか?
アサヒビールについては、4月26日にも書いているので興味があればどうぞ。

加重平均益回り:6.94%
投資資産倍率:1.253倍
運用実績(昨年末比):-9.17%

2006年07月26日

自己株式の取得

今日はいくつかの銘柄を買い増し、、、今日も売り注文は約定せず、、、どんまい!

今日買い増した銘柄のひとつは、原弘産(8894)です。
予想益回り:5.44%(PER:18.39倍)で、株価は適正な水準だと思う。
今日、自己株式の取得を発表したが、少し前まで、新株発行などにより資金集めをしていたのに・・・取得した自己株式は消却するんだろうな?
私にとっては、経営者に対する信頼が少し揺らぎ、投資意欲が減退する出来事でした。
原弘産(8894)は、主にマンション関連の事業を行っていますが、環境事業(太陽光発電、風力発電、バイオディーゼル燃料など)にも力を入れています。

加重平均益回り:6.98%
投資資産倍率:1.288倍
運用実績(昨年末比):-10.11%

2006年07月25日

AMD(NYSE:AMD)とインテル(NASDAQ:INTC)

今日は、この数日の間に買い増した分を売却しようと売り指値注文をしておいたが、ほとんど約定していません。
昨日も書きましたが、そろそろ株価の本格上昇が始まるのではと考えているので、今日売れなかったことは、あまり気にしていません。

シャープ(6753)は今日も上昇。
予想益回り:4.76%(PER:21.02倍)で、株価は適正かやや割高だと思うが、残りの保有分はミニ株が一単位のみ、、、売りたくないが・・・・。

AMD(NYSE:AMD)のATIテクノロジーズ買収のニュースは、インテル(NASDAQ:INTC)の株価の重石になるのだろうか?
インテル株を保有しているので、少し気になるニュースです。
本当はインテルではなくAMDに投資したかったのだが、AMD株はPERがかなり高かったので、インテルにしたという経緯がある。
改めてAMDのPERを調べてみると、17.93倍・・・買えなくもないが・・・・ 頑張れ!インテル!と言っておこう。(意味不明?)

加重平均益回り:6.92%
投資資産倍率:1.254倍
運用実績(昨年末比):-9.38%

2006年07月24日

そろそろ株価は上昇か?

日本鋳造(5609)・神鋼電機(6507)を買い増し、その他デイトレ2回転でお小遣いゲット!など。

久しぶりに神鋼電機のウェブサイトを見てみました。
風力発電機のラインナップが増えたようで、いいんじゃないかと。

7月13日にも書きましたが、日本も含む世界の不動産投資信託(REIT)の配当利回りが、債券の利回りと比較して十分魅力的とは言えず、世界のREITを投資対象にした投資信託を売却したい衝動に駆られています。
しかし、投資配分はそれほど大きくないため、手数料のことなどを考えると放っておくべきなのでしょうが・・・・実に悩ましい・・・・。

またまたシャープ(6753)の株価が大きく上昇していたため、ポケット株で保有している分を売却。
上昇の理由は好決算期待らしい、、、理由は後付で何とでも言えるが、それは置いといて、いい兆候ではないかと思う。
決算発表後に「好決算は織り込み済み」もしくは「決算内容が悪くて失望売り」などということで「株価下落」とならず、株価の上昇が続くようなら、株式市場全体に好影響を与えるのではないかと思うが、どうでしょう?

加重平均益回り:7.03%
投資資産倍率:1.273倍
運用実績(昨年末比):-11.36%

2006年07月23日

本の読み方

私は今までに何度か、読書がマイブームになったことがあるのですが、継続しませんでした。
しかし今は、継続して本を読んでいます。
こうなったきっかけは、あるメルマガのバックナンバーを見ていたら、読書について書かれた回があり、それを読んだことでした。

そこには、私には思いもよらない本の読み方が書かれていました。
その内容は、本は最初から最後まで読まなくてもよい、適当にとばし読みしても構わない、といったものでした。

何だそんなことか、と思うかも知れませんが、私には衝撃的でした。

それまでは、意識したことはなかったのですが、本は、一字一句とばさずに読まなければならないと思い込んでいました。
興味の持てない本でも、一字一句とばさずに読むことで、読書に疲れてしまい、継続できなかったのだと思います。

ほとんど本を読まなかった時でも、文章を読むことが少ないわけではなく、インターネットや、本屋での立ち読みなど、文章を読む機会はそれなりにありました。
これらは、苦痛に感じないので続けることができています。

なぜこれらは苦痛に感じないのか、これらの共通点は何か、ということを考えると、無料であるということと、一字一句とばさずに読まなければならないという義務感のようなものがない、ということだと思います。
「本は最初から最後まで読まなくてもよい、適当にとばし読みしても構わない」ということを、無意識のうちに実践していたのです。

また、本は、その購入代金以上のものを得られることが多いはずなので、購入代金はあまり気にしないようにしています。
こうすることで、読書を続けていけるのではないかと思います。

2006年07月21日

ポケット株とミニ株

株式相場全体が軟調な展開の中、シャープ(6753)の株価が、特に材料も無いのに大きく上昇していたため、ポケット株で保有している分の一部を売却。
相場全体が上昇に転じても、シャープの株価が、ここからさらに上げ幅を大きく拡大することはないだろう、また、相場全体の流れに引きずられて下げるかも、と考えた。
この予想は、当たってはいないが、大きな損失にも繋がらなかったので、よしとしておこう。
株価は、予想益回り:5.12%(PER:19.54倍)で、適正な水準だと思うが、買うならもう少し下で、と言いたいが、なかなか下がらないので、この辺で買うべきか、と言いながら売ってるわけだが・・・・。
シャープは、ミニ株でも保有していますが、1単位の金額が小さいことや、取引時間中に売買できることなどから、ポケット株の方が自分には向いていると思う。

加重平均益回り:6.93%
投資資産倍率:1.235倍
運用実績(昨年末比):-10.17%

2006年07月20日

アサヒプリテック(5855)が業績予想を上方修正

この数日の間に買い増した分をある程度売却しました。
投資資産倍率を多少下げることができ、一安心といった心境です。(もう少し下げたかったけど)

アサヒプリテック(5855)が業績予想を上方修正しました。
修正後の数字で計算すると、予想益回り:5.24%(PER:19.07倍)で、株価は適正だと思うが、積極的に買える水準でもないと思う。
ただ、今日の大幅上昇の反動で下がってくれれば買いたいと思う。
アサヒプリテックは、貴金属リサイクルなどを行っています。

加重平均益回り:6.82%
投資資産倍率:1.237倍
運用実績(昨年末比):-8.81%

2006年07月19日

あ〜した、暴騰しておくれ♪

今日は、昨日買い増した分の一部を売却&新たに買い増しなど。

今日は保有銘柄の株価がそれなりに上昇した印象だったが、計算するとほとんど変わらず。
このため、株価上昇&売却により、投資資産倍率がある程度は下がったかと思っていたらそうでもなく、、、投資資産倍率の高さが気になる。

加重平均益回り:7.07%
投資資産倍率:1.320倍
運用実績(昨年末比):-13.30%

2006年07月18日

直近安値を割るのか?

今日は、いろいろと買い増し&数回転(デイトレードを少々)。

毎回掲載している加重平均益回り、投資資産倍率、運用実績(昨年末比)が、1ヵ月ちょっと前の水準近くになっています。
このブログを読み返すと、1ヵ月ちょっと前は、株価がどこまで下がるのか不安だったことを思い出します。
今はそれほど不安になってはいませんが、6月14日の安値を割って勢いよく下落するようだと・・・・考えないことにします。

加重平均益回り:7.08%
投資資産倍率:1.364倍
運用実績(昨年末比):-13.47%

2006年07月14日

ポケット株

帝人(3401)を買い増し。
予想益回り:7.30%(PER:13.69倍)で、株価は割安だと思う。
チャートを見ると、もう少し下もありそうにも思うが、底抜けも・・・。
帝人については、6月23日にも書いているので興味があればどうぞ。

亜細亜証券印刷(7893)を2回転。
亜細亜証券印刷については、5月10日にも書いているので興味があればどうぞ。

7月3日に国債先物eワラント(プット)を買いたいと書いたが、買わなくて良かった。

ポケット株でシャープ(6753)を買い増し(?)しました。
シャープはミニ株で保有しているのですが、ミニ株を扱っている証券会社に資金を移すのが面倒なのでポケット株で買い増ししました。
ポケット株はカバードワラントの一種です。興味があれば右のリンクをどうぞ。

加重平均益回り:6.83%
投資資産倍率:1.224倍
運用実績(昨年末比):-8.95%

2006年07月13日

魅力的な投資対象

テンプスタッフ(2476)を買い増し。
テンプスタッフについては、5月31日にも書いているので興味があればどうぞ。

帝人(3401)を1回転。
帝人については、6月23日にも書いているので興味があればどうぞ。

現在の株式の益回り、債券の利回り、不動産投資信託の配当利回りを比較すると、大した差はなく、これと言って魅力的な投資対象が見当たりません。
唯一、外国株式に益回りが高い銘柄がちらほら。
しかし、外国の景気の先行きが不透明。
何かいい投資対象はないでしょうか?

加重平均益回り:6.74%
投資資産倍率:1.189倍
運用実績(昨年末比):-6.85%

2006年07月12日

UBS(NYSE:UBS)

TELE NORTE LESTE(NYSE:TNE)を買い増し。
予想益回り:9.37%(PER:10.68倍)で、株価は割安だと思う。
TELE NORTE LESTEは、ブラジルの通信会社です。
ブラジルは、私が投資したいと思う国(や地域)の1つです。

UBS(NYSE:UBS)を買いました。
予想益回り:9.81%(PER:10.20倍)で、株価は割安だと思う。
UBSは、スイス(?)の金融グループで、グローバルに展開しています。
日本を取り巻く現在の政治・経済情勢などから判断しても、この辺りに資金を投じておくべきかと思ったりしています。
しかし、今の私の投資資産内容は、投資銀行への投資配分が大きく、一気にこける可能性も。

上記2銘柄の予想益回り・PERの計算に使った数字が正しいのか疑問も(?)。
(外国株投資と投資情報については、6月22日に書いているので興味があればどうぞ)

その他にも国内株式をいろいろと買い増し。

加重平均益回り:6.66%
投資資産倍率:1.177倍
運用実績(昨年末比):-5.50%

2006年07月11日

カバードワラントで含み損拡大中

6月1日に書いた、投資を止める業界関連の銘柄を一部売却、、、あと一息。

外国株に買い注文を入れています。
約定したら、明日報告します。

カバードワラントで含み損拡大中・・・・大逆転はいつだ?

加重平均益回り:6.47%
投資資産倍率:1.044倍
運用実績(昨年末比):-4.36%

2006年07月10日

アサヒビール(2502)

帝人(3401)、テンプスタッフ(2476)を買い増し。
両銘柄とも、株価水準を鑑みて適当な投資配分なので、買い増ししてもしなくてもよかったので、少し上で買い増した分だけ売り注文、、、成立しちゃってました。
結果的にデイトレードに。

アサヒビール(2502)を一部売却。
予想益回り:5.20%(PER:19.22倍)で、株価は適正な水準だと思うが、積極的に買える水準ではないと思う。
チャートの形からは、騰勢開始といったところか?
4月26日にも書きましたが、バイオエタノールに注目して、アサヒビールに投資しています。
株価水準の割りに投資配分が大きいため、一部売却。

外国株購入のため、資金を移動中。

加重平均益回り:6.45%
投資資産倍率:1.055倍
運用実績(昨年末比):-3.66%

2006年07月07日

久しぶりにデイトレード

久しぶりにデイトレを少々、、、豪華な昼食代ゲット!

テンプスタッフ(2476)を買い増し。
予想益回り:5.01%(PER:19.95倍)で、株価は適正な水準だと思うが、積極的に買える水準ではないと思う、、、が、待ちきれず。
テンプスタッフについては、5月31日にも書いているので興味があればどうぞ。

加重平均益回り:6.45%
投資資産倍率:1.077倍
運用実績(昨年末比):-4.38%

2006年07月06日

大逆転一歩手前で・・・

6月7日に書いたように、カバードワラントで日経平均・TOPIXのコールを買い続けています(損切り・利確をしながら)、、、6月8日に書いた「ギャンブルの必勝法」を信じて。
そして、損失をほぼ埋めることができ、大逆転に向けてGO!というところまで来たのに、歯車が止まりかけています・・・・。
また耐える日々が始まるのか?
どうかご勘弁を・・・・。

参考リンク:カバードワラント

加重平均益回り:6.44%
投資資産倍率:1.067倍
運用実績(昨年末比):-4.16%

2006年07月05日

外国株投資と為替

宝印刷(7921)を一部売却。
決算・株式分割の発表が好感されている模様、、、私はあまり良い内容だとは思わなかったのだが。
予想益回り:5.57%(PER:17.96倍)で、株価は適正な水準だと思うが、積極的に買える水準ではないと思う。
従って、投資配分を下げる意味でも一部を売却。

ジェイ・ブリッジ(9318)を売却。
会社のウェブサイトに、『投資業を基幹事業とする・・・・』とあるが、株式相場動向が決算に与える影響が大きく、商売の底が浅いように感じる。
また、自身の新株式発行や、他社への投資の際も新株の引受けなどによって行うなど、他の投資家が不利益を被る投資行動が見受けられる。
このようなことから、この会社への投資意欲がなくなり、売却することにしました。

6月14日に買ったHSBCブラジルオープンが、早くも買値から20%程上昇している。(申し込み手数料は考慮せず)
売却したい衝動に駆られるが我慢、、、短期売買が目的ではないはず、と自分に言い聞かせ・・・。

外国株が下落し、買い増ししたいと思っている時には、為替は円安方向に動き、外貨を準備する気になれず、逆に為替が円高方向に動いてきた時には、外国株は上昇を始めてしまっていて、外国株を買いたいという気が無くなっている。
うまくかみ合わない・・・。

加重平均益回り:6.39%
投資資産倍率:1.063倍
運用実績(昨年末比):-2.93%

2006年07月04日

台湾へ投資

今日は、だいこう証券ビジネス(8692)を売却。
昨日も書いたように、株価は適正な水準だと思うが、事業内容をあまり理解していないため、早々に売却。
安くなれば、また買います。

数日前のニュースに、台湾人の海外についての見方に関する世論調査結果がありました。
それによると、移住したい国・立派だと思う国・旅行したい国で日本が1位であったとのこと。
こんなことを知ると、台湾に投資したくなります。
で、台湾への投資について調べてみると、投資信託は見付からず、直接投資は投資情報がいまいち不十分。
日本から台湾への直接投資に関する環境が十分に整備されたら、台湾に投資することを考えたいと思います。

加重平均益回り:6.39%
投資資産倍率:1.092倍
運用実績(昨年末比):-2.54%

2006年07月03日

国債先物eワラント、大豆eワラント

今日は、だいこう証券ビジネス(8692)を一部売却。
予想益回り:5.69%(PER:17.59倍)で、株価は適正な水準だと思うが、新規買できる水準ではないと思う。
投資配分の調整のため、売買。
だいこう証券ビジネスについては、6月20日にも書いているので興味があればどうぞ。

先日の為替eワラントの売買がうまくいって、その勢いで、国債先物eワラント(プット)、大豆eワラント(コール)を買いたい衝動に駆られている。
しかし、よくわからない・理解していないものに投資すると、購入後に価格が上昇しても下落しても不安で、利益は小さく損失は大きくというダメトレードになることが多いため、我慢している。
でも買いたい・・・・。

加重平均益回り:6.41%
投資資産倍率:1.108倍
運用実績(昨年末比):-3.33%

自己紹介

年齢:30代後半
性別:男
投資歴:2000年ごろから株式投資を開始
運用成績(年率)
基準日:2016年5月31日
1年:-13.6%
3年:+6.8%
5年:+5.9%
10年:-2.6%

私のオススメ

おすすめの証券会社
おすすめの銀行
バッグ・鞄・財布
リサイクル石けん

投資を学ぶ

投資・資産運用入門
投資信託入門
株式投資入門
投資に関する本

金融商品

個人向け国債
仕組預金・仕組債
投資信託
ミニ株
単元未満株式
外国株・海外株式
信用取引
FX
日経平均先物・オプション取引
商品先物取引
CFD取引
夜間取引・PTS
貸株・預株
MRF
MMF
ETF
不動産投資信託「REIT」
外貨MMF
カバードワラント
外国の銀行・証券会社

投資ツール&ゲーム

システムトレード
メールマガジン
無料チャート
仮想取引・バーチャルトレード
投資家のパソコン選び
マルチモニタ

動物・ペット

犬・猫は保健所で貰おう
ペットフード(犬・猫)
犬・猫もシックハウス!?
よく吐く猫

動物愛護法8週齢規制キャンペーン

ショッピング

菜食主義・ベジタリアン
電気不要の加湿器

ビジネス

フランチャイズ
仕事探し

その他

健康保険改革
給付付き税額控除
景気
年金
政府紙幣
インフレ
金は天下の回り物
自由主義
健康と免疫力
化学物質過敏症
キャンペーン情報
投資家のクレジットカード選び
自己紹介
お問い合わせ

過去の記事

2016年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2015年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2014年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2013年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2012年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2011年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2010年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2009年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2008年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2007年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2006年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

当サイトはリンクフリーです。 / Copyright(C)2004-2016 投資の極 All Rights Reserved.

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、誤った情報・古い情報等があるかもしれません。
当サイトの利用は自己責任でお願いします。