投資の(きわみ)

2006年09月29日

円安を嫌気か?

今日は、日本鋳造(5609)を一部売却、アールシーコア(7837)を買い増しなど。

アールシーコア(7837)は、円安が嫌気されているのだろうか?少し不安・・・。

加重平均益回り:6.78%
投資資産倍率:0.936倍
運用実績(昨年末比):-0.33%

2006年09月28日

じっくり保有したいが・・・

テンプスタッフ(2476)を売却、宝印刷(7921)でデイトレードなど。

テンプスタッフ(2476)は、昨日にも書いたが、株価は十分割安とは言えない水準で、大きく上昇していたので売却。

宝印刷(7921)は、決算が嫌気されたらしく、大きく下げて始まったので買い、戻りが弱いので売却、デイトレードに、、、昼食代ゲット!

加重平均益回り:6.80%
投資資産倍率:0.944倍
運用実績(昨年末比):-1.05%

2006年09月27日

試し買い

今日は、宝印刷(7921)を売却、アサヒビール(2502)を一部売却、昭和シェル石油(5002)を一部売却、テンプスタッフ(2476)を買い、など。

アサヒビール(2502)は、株価に割高感はないが、投資配分がやや大きいため、一部売却。

昭和シェル石油(5002)は、HSBC ブラジル オープンの購入資金捻出のため一部売却。
ということで、HSBC ブラジル オープンの買い注文をしました、約定は明日。

テンプスタッフ(2476)は、もう少し下がるのを待った方が・・・と思うが、我慢できず、試し買いといったところ。

加重平均益回り:6.83%
投資資産倍率:0.960倍
運用実績(昨年末比):-2.36%

2006年09月26日

ホンダ(7267)

今日は、ホンダ(7267)を買い、ボッシュ(6041)を一部売却、原弘産(8894)を一部売却など。

今日の売却は、ホンダ(7267)を買う資金を作るためというのが主な目的です。

原弘産(8894)は、いろいろと材料はあるが、株価は、予想益回り:4.41%(PER:22.67倍)で、割安感はなく、投資配分がやや大きいという理由もあり、一部売却。

ホンダ(7267)は、好きな会社で、昔から投資したかったが、好き避けしていました。(表現がキモイ?)
思い切って告白&付き合うことに。(再度、キモイ?)

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)を半分売却。
昨日書いたように、株価はまだ割安だとは思うが、投資配分の調整のため。

加重平均益回り:6.93%
投資資産倍率:0.991倍
運用実績(昨年末比):-4.24%

2006年09月25日

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)

今日は、日本鋳造(5609)を買い増しなど。

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)の上昇が続いています。
予想益回り:9.81%(PER:10.19倍)で、株価は割安だと思うが、投資配分がやや大きいので、半分売るかも、、、これから検討します。

6月13日に書いたように、HSBC ブラジル オープンを少しだけ保有しています。
下がれば買い増ししようと考えていたのに、一向に下がらず、買い増すタイミングを見付けられずにいたのですが、最近になって下がってきています。
が、余力が無い・・・・。

加重平均益回り:6.97%
投資資産倍率:0.999倍
運用実績(昨年末比):-4.14%

2006年09月22日

円高だが・・・

今日は、アールシーコア(7837)を買い増しなど。

為替が円高に動いているので、うまく立ち回りたいが、外貨を買う余力はなく、小額から取引できるカバードワラントは、週末なので買いたくない・・・そんなわけで何も出来ず。

加重平均益回り:6.92%
投資資産倍率:0.992倍
運用実績(昨年末比):-3.78%

2006年09月21日

直接金融の意味

一昨日、スイングトレードの予定で買った分を売却、ディナー代ゲット!

野村ホールディングス(8604)・亜細亜証券印刷(7893)を売却、クリード(8888)を買い増し。

日本の将来を考えると、各業界で企業再編が必要だと考えているが、その過程において、野村ホールディングス(8604)の活躍を期待しているが、その実力に疑問も。
外国の投資銀行にも投資しているので、野村ホールディングスは外そうかと、、、そんなわけで売却。

直接金融による投資は、将来に対する、あるいは社会の在り方に対する意思表示であり、その結果責任を負うことになる。
結果責任を負うことを避け、他人任せにすることを良しとする風潮が、まだ強いように感じる、、、その上、文句だけは一人前に言う。
また、政治的理由で、短・中期的に、投資資金が日本から出て行くこともあり得ると考え、直接金融関連銘柄を売りました。
直接金融関連銘柄を売っても、他の銘柄を買ってたら意味無いけど。

加重平均益回り:6.90%
投資資産倍率:0.982倍
運用実績(昨年末比):-2.90%

2006年09月20日

端株を売却

今日は、宝印刷(7921)を一部売却、帝人(3401)・クリード(8888)でデイトレード、ディナー代2人前ゲット!

宝印刷(7921)は、株式分割によってできた端株を売却しました。

カバードワラントでTOPIX・コールを買い増し、不安の種に・・・・。

加重平均益回り:6.89%
投資資産倍率:1.049倍
運用実績(昨年末比):-3.49%

2006年09月19日

日経平均株価連動デジタル・クーポン社債(ノックイン型 期限前償還条項付)

今日は、某銘柄を買い増したのみ。

今日買い増した分はスイングトレードの予定。

使っている証券会社のウェブサイトで、「ドイツ銀行、社債、年率5.0%」の文字を見つけ、気になったので見てみました。
すると、それは、日経平均株価連動デジタル・クーポン社債(ノックイン型 期限前償還条項付)でした。
説明を軽く読んでみたが理解できない、理解する気もないけど(いいわけ)。
単純に「ドイツ銀行、社債、年率5.0%」であれば買ったかもしれないが、理解できないので見送り。

加重平均益回り:6.80%
投資資産倍率:1.047倍
運用実績(昨年末比):-2.12%

2006年09月18日

銀行と消費者金融

HSBC Japanのサイトで、2006中間決算報告書が公開されていたので見てみると、その中に「会長のご挨拶」というのがあり、濃い内容だと感じたが、中でも目に留まる箇所があったので引用します。

---ここから引用---

過度の消費者債務は社会問題化しています。銀行もこの問題に対して取り組む責任があるといえます。

---ここまで引用---

日本の銀行経営者に、耳にタコが出来るくらい聞かせてやりたいものだ。

HSBC(NYSE:HBC)の投資配分の引き上げを考えていきたいと思う。

2006年09月16日

ミクシィ(2121)上場に関連して思うこと

株価水準は、いろいろなところで言われているように割高なわけだが、この割高な株価に会社を無理に合わせようとして、地に足をつけた経営ができなくなる場合もある。(経営者次第だが)
投資家がよく考える必要があるのではないか。

どういう質問をされたのかは知らないが、株式分割も考えていくといった発言が社長からあった。
ミクシィと同様、会社の実態と比べて株価が割高であるのに、株価そのものが高いことを理由に株式分割を行うケースが見受けられる。
株式分割を行えば、手続きを行う証券会社が儲かるのかどうか知らないが、それによって儲かる人達にそそのかされているように感じる。
しかし、経営者に株式投資の知識や経験があれば、周囲の雑音に惑わされることなく、経営に集中できるだろう。
このような意味でも(他の意味もあるが)、できれば社会に出る前に株式投資を経験すべきではないかと思う。
だからといって、小学生に株式投資のやり方だけを教えるのはどうかと思うが。

もし、株価が割安であれば、私はこの会社に投資するのかといえば、それはないだろう。
私は、私見ではあるが、社会の役に立つと判断できる会社に投資している。
この点で、ミクシィは私の投資対象になるのかというと、箸にも棒にもかからないとまでは言わないが、投資対象にはならない。
行っている事業内容はともかく、経営者に「志」を感じないから。
事業内容が同じであっても、「儲ける」というところから出発してその事業に辿り着いたのか、「人や社会の役に立つ」というところから出発したのかが大事だと考えています。
では、「人や社会の役に立つ」というところから出発すれば儲かるのか?最低限、事業を継続できる位は儲かるのか?と言えば、それはわからない。
しかし、人や社会の役に立とうという志を持って創意工夫・努力していれば、多くの人に助けてもらえるでしょう。
逆に「儲ける」というところから出発した場合、どうなるか?このケースが最近目立つので言わずもがなである。

「人や社会の役に立つ」から出発したのに、完全に「儲ける」に向いてしまっている会社もある。
その原因のひとつが、最初に書いたように、会社の実態よりも遥かに高い評価を投資家が与えてしまうことである。

以上、ミクシィ(2121)上場に関連して思うことを書き綴ってみました。

2006年09月15日

ミクシィ(2121)

今日は、帝人(3401)で1回転、菊川鉄工所(6346)を買い増しなど。

帝人(3401)は、買い増したいが、余力が無いので、デイトレに、、、、昼食代ゲット!

菊川鉄工所(6346)は、流動性が低いので、投資配分を大きくしたくないのだが。

ミクシィ(2121)が上場しました。
これに関連して思うことがいろいろあるが、明日にでも書くことにします。

加重平均益回り:6.81%
投資資産倍率:0.999倍
運用実績(昨年末比):-2.15%

2006年09月14日

東映アニメ(4816)

今日は、東映アニメ(4816)を新規買い、昭和シェル石油(5002)を一部売却、住友電工(5802)を一部売却、クリード(8888)を買い増し&3回転など。

住友電工(5802)は、行っている事業の将来性に少し疑問を感じたため投資配分を減らしました。
この会社への投資を続けるかどうか、じっくり考えたいと思います。

クリード(8888)は、買い増しした後、大きく下げるので、買から入ってデイトレ、、、、デイトレは、3回転して3人前の昼食代ゲット!

東映アニメ(4816)は、以前から買いたかったが、株価が割高な水準で推移していたため、手が出せなかった。
予想益回り:5.52%(PER:18.12倍)で、株価は何とか買ってもいい水準ではないかと思う。
業績があまり安定していないので、投資配分は少なめ、と言うか1単位だけ。

加重平均益回り:6.75%
投資資産倍率:0.987倍
運用実績(昨年末比):-1.57%

2006年09月13日

ドイツ銀行(NYSE:DB)

今日は、インテリックス(8940)を買い増しなど。

イートレード証券で、9月29日からドイツ銀行(NYSE:DB)の取扱が開始されます。
買いたいが、余力が無い・・・。
外国の金融機関の投資配分が大きくなっているので、買わなくてもいいか・・・でも買いたい・・。

参考リンク:米国株式を取り扱っている証券会社

加重平均益回り:6.82%
投資資産倍率:0.992倍
運用実績(昨年末比):-2.25%

2006年09月12日

商品市況安

今日は、アサヒビール(2502)を買い増し、クリード(8888)を買い&1回転、日本鋳造(5609)を買い増し、アサヒプリテック(5855)を買い増し、日本電工(5563)で1回転など。

BHPビリトン(NYSE:BHP)が大幅下落、何があったのか分からなかったが、原油価格が下がってきているので、これに関連しての連想売りか?はたまた個別に悪材料でも出たか?
日本市場が始まると、商品市況安で関連銘柄が大きく下落、BHPビリトンもこれだったのだろうと一安心!?個別に悪材料が出るよりはいい。

クリード(8888)が大きく下げていたので、多めに買ってしまい、一部売却、、、、焦らずに下げたところを少しずつ拾っていくべきだが、衝動的に買ってしまう・・・反省。

アサヒプリテック(5855)は、今日のように市況の影響を受けるため、十分割安な価格で買うべきだが・・・・まだ早い・・・・。

日本電工(5563)は、関わらない方が身のためと思いながらも、売りから入ってデイトレ、ディナー代ゲット!

カバードワラントは、TOPIX・コールを買い増し、、、大丈夫か?

BARCLAYS(NYSE:BCS)を買いました、下げれば買い増しする予定、、、、下がらない方がいいけど。

加重平均益回り:6.80%
投資資産倍率:0.985倍
運用実績(昨年末比):-2.01%

2006年09月11日

BARCLAYS(NYSE:BCS)

今日は、アルデプロ(8925)を売却、インテリックス(8940)を一部売却、日本電工で一回転など。

アルデプロ(8925)は、8月29日にもそれとなく書いたが、予想益回り・PERの計算を誤っていました・・・・。
ということで、株価は割高ということが判明したため売却。

日本電工(5563)は、今日のほぼ高値で売ったのに、2ティック抜いて終了・・・・やはり私には向いてない。

カバードワラントは、金曜日に買った米ドル・コールは、一応売り注文を出しておいたら金曜日に売れていました。
今日は、米ドル・コールとTOPIX・コールのどちらかを買おうと考え、悩んで、TOPIX・コールを買いました、、、、今日のところはハズレのようで・・・・。

これから調べて、BARCLAYS(NYSE:BCS)に買い注文を出すかも。

加重平均益回り:6.73%
投資資産倍率:0.916倍
運用実績(昨年末比):-1.05%

2006年09月08日

証券会社の投資判断は妥当か?

今日は、日本電工(5563)を売却&デイトレ、ファーストエスコ(9514)を買い増しなど。

日本電工(5563)はなぜか大幅上昇、レアメタル関連かと考えていたら、証券会社の投資判断が材料のようで。
前場の寄付で売却、その後も上昇していたので、売りから入ってデイトレ(2回転)、、、馬鹿でかい買がどんどん入るので心臓に悪かったが何とかプラス、ディナー代ゲット!
後場は見ていないが、ストップ高まで行ったようで・・・・怖い怖い。
予想益回り:2.21%(PER:45.19倍)で、株価は割高だと思う。
最終利益が2倍に上方修正されたとしても割高ではないかと思う。

ファーストエスコ(9514)の株価は割高だと思うが、ガンバレ!という思いで買い増し。
みんなの夢を乗せて沈んでいくか、大成するかは分からないが、応援しています。
ファーストエスコについては、5月2日にも書いているので興味があればどうぞ。

カバードワラントは、米ドル・コール、TOPIX・コールの両方とも売却(利益確定)。
週末は持ち越したくなかったが、満期までの期間が少し長い米ドル・コールを買いました。

BHPビリトン(NYSE:BHP)は、無事購入できました、さぁ!出発進行!

加重平均益回り:6.69%
投資資産倍率:0.921倍
運用実績(昨年末比):-0.15%

2006年09月07日

アールシーコア(7837)

今日は、アールシーコア(7837)を新規買など。

アールシーコア(7837)の株価は、予想益回り:8.61%(PER:11.62倍)で、割安だと思う。
出来高が少なく、1単位しか買えず・・・・まだ出発しないでね。
アールシーコア(7837)は、ログハウスなどの企画・販売を行っています。
私もいつかは・・・と憧れますが、人口減少日本でどの程度の需要があるのか不安も。

BHPビリトン(NYSE:BHP)は戻って来てくれたようなので、再度、乗車を試みます。

この数日、為替が大きく動いているので、カバードワラントで波乗りしています。
今のところうまく立ち回れています。
本日、米ドル・コールを利益確定&再度買い、さらに、TOPIX・コールを買っています。

参考リンク:カバードワラント

加重平均益回り:6.58%
投資資産倍率:0.935倍
運用実績(昨年末比):-0.52%

2006年09月06日

北越製紙(3861)

今日は、帝人(3401)を一部売却、昭和シェル石油(5002)を買い増し、クリード(8888)を一回転など。

クリード(8888)は今日も上昇。
悔しいので、売りから入ってデイトレすることに。
今日のほぼ高値で売ったのに、怖くて1ティックで利確・・・・下手ですな。
つくづく自分はデイトレに向いていないと実感。

BHPビリトン(NYSE:BHP)は乗り遅れたようです。
手を振っていたら戻ってきてくれるだろうか?

新潟県知事が、北越製紙の新潟工場で製造した紙を効率的に輸出できるよう、貨物航路を誘致する考えを明らかにした。
儲かるなら、放っておいても民間が進める。
民間が行動しないということは儲からないということだ。
儲かりはしないが多くの人々にとって有益なことは自治体や国がすればいいが、今回のことがそれに当たるのか?
結局はどこか(だれか)が負担しなければならないことになるのではないか?
その中に私が含まれないことを祈る。

加重平均益回り:6.51%
投資資産倍率:0.927倍
運用実績(昨年末比):+0.51%

2006年09月05日

クリード(8888)

今日は、帝人(3401)を買い増し、クリード(8888)を売却など。

クリード(8888)のチャートの形は、上昇開始目前と見て取れる、が、よく騙されるので、これは罠だと考え、一部売却。
が、上昇し続けるので、さらに売却、を繰り返し、全株売却に・・・・。
少し下がったところで買い戻すも、上げたところで売却。
最初の一部売却で止めとけばよかった・・・・。

外貨建て資産の投資配分がそれなりにあるので、円高が痛い。

加重平均益回り:6.48%
投資資産倍率:0.939倍
運用実績(昨年末比):+0.10%

2006年09月04日

BHPビリトン(NYSE:BHP)

今日は、ボッシュ(6041)を一部売却、昭和シェル石油(5002)を買い増し、NTTドコモ(9437)を一部売却など。

昭和シェル石油(5002)は、8月31日に「値幅・日柄をもう少し・・・」などと書いたのに・・・。

NTTドコモ(9437)は、予想益回り:5.76%(PER:17.36倍)で、株価は適正な水準だと思うが、不透明要素も多いため、一部売却。

太陽光発電関連銘柄の投資配分を上げようかと考えています。
理由は、9月1日に書いたように、コストが劇的に下がっていきそうだから。
リスクは、原油価格の下落なので、これがプラスに働き、かつ太陽光発電関連でもあるカネカ(4118)がベストな選択肢ではあるが、1単位の金額が大きいため、機動的に動けない・・・。

BHPビリトン(NYSE:BHP)を買おうかと考えています。
この会社は、オーストラリアの総合資源会社です。
オーストラリアは、投資したいと強く思っている国(や地域)ではないが、多少は投資してもいいかなと考えています。

加重平均益回り:6.55%
投資資産倍率:0.950倍
運用実績(昨年末比):-0.10%

2006年09月01日

太陽光発電VS原子力発電

今日は、帝人(3401)を一部売却、クリード(8888)を買い増し、神鋼電機(6507)とアサヒプリテック(5855)を売るも、買戻してしまう・・・・など。

神鋼電機(6507)とアサヒプリテック(5855)は、どちらも株価はやや割高だと思う、が、全て手放すのはポリシーに反する・・・ってなわけで買戻し、久々のデイトレードになってしまいました。

シャープ(6753)の社長がインタビューで、太陽光発電のコストについて、2030年までには原子力発電のコストと肩を並べるまでになるだろうとの見通しを示した。
私は、東芝(6502)の原子力発電強化に対して、先見の明がないように思っているが、これに注目して東芝に投資している人が私の知り合いにいる。
短期的には原子力発電が注目されるかも知れないが、長期的にはどうかと思う。
超長期的には、原子力発電の安全性が十分確保でき、コスト面でも優位になるかも知れないが。

加重平均益回り:6.62%
投資資産倍率:0.953倍
運用実績(昨年末比):-0.90%

自己紹介

年齢:30代後半
性別:男
投資歴:2000年ごろから株式投資を開始
運用成績(年率)
基準日:2016年5月31日
1年:-13.6%
3年:+6.8%
5年:+5.9%
10年:-2.6%

私のオススメ

おすすめの証券会社
おすすめの銀行
バッグ・鞄・財布
リサイクル石けん

投資を学ぶ

投資・資産運用入門
投資信託入門
株式投資入門
投資に関する本

金融商品

個人向け国債
仕組預金・仕組債
投資信託
ミニ株
単元未満株式
外国株・海外株式
信用取引
FX
日経平均先物・オプション取引
商品先物取引
CFD取引
夜間取引・PTS
貸株・預株
MRF
MMF
ETF
不動産投資信託「REIT」
外貨MMF
カバードワラント
外国の銀行・証券会社

投資ツール&ゲーム

システムトレード
メールマガジン
無料チャート
仮想取引・バーチャルトレード
投資家のパソコン選び
マルチモニタ

動物・ペット

犬・猫は保健所で貰おう
ペットフード(犬・猫)
犬・猫もシックハウス!?
よく吐く猫

動物愛護法8週齢規制キャンペーン

ショッピング

菜食主義・ベジタリアン
電気不要の加湿器

ビジネス

フランチャイズ
仕事探し

その他

健康保険改革
給付付き税額控除
景気
年金
政府紙幣
インフレ
金は天下の回り物
自由主義
健康と免疫力
化学物質過敏症
キャンペーン情報
投資家のクレジットカード選び
自己紹介
お問い合わせ

過去の記事

2016年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2015年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2014年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2013年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2012年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2011年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2010年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2009年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2008年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2007年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2006年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

当サイトはリンクフリーです。 / Copyright(C)2004-2016 投資の極 All Rights Reserved.

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、誤った情報・古い情報等があるかもしれません。
当サイトの利用は自己責任でお願いします。