投資の(きわみ)

2006年12月30日

大和証券が夜間取引、外国株式のオークション(競売買)方式を扱う?

今年の運用成績が確定、プラスで終われて何よりです。

今年は、外国株式、オプション取引、外国の証券会社に口座開設など、勉強&挑戦の1年だったなと思います。
来年からも前向きに頑張っていきたいと思います。

大和証券が、株の夜間取引、ニューヨーク証券取引所の上場株式の取扱を検討している、というニュースがあったが、期待していいのだろうか?
報じているところがひとつしかない(?)ので・・・。

加重平均益回り:9.39%
投資資産倍率:0.925倍
運用実績(昨年末比):+4.26%

2006年12月29日

何とかプラスで

今日は特に売買はなし。

今日は大納会。
外国株などがあるので、今年の運用成績はまだ確定していないが、何とかプラスで終われそう。

加重平均益回り:9.38%
投資資産倍率:0.925倍
運用実績(昨年末比):+4.28%

2006年12月28日

米国市場のプット・オプション売、謎の費用が・・・

今日は特に売買はなし。

米国市場でプット・オプションを売ったのだが、注文訂正しなかったのに、前回同様、よく分からない「Fees」なるものが・・・0.01ドル・・・ナゾだ。

W-8BEN(米国非居住者用の免税書類)に不備があったようで、再提出を求められてしまいました、大丈夫か?オレ。

加重平均益回り:9.41%
投資資産倍率:0.925倍
運用実績(昨年末比):+3.96%

2006年12月27日

地震で・・・・

今日は、特に売買はなし。

地震の影響(?)で、証券会社のツールの株価データが止まってしまい、監視終了。
短期売買している人は困ったんでしょうな。

加重平均益回り:9.42%
投資資産倍率:0.925倍
運用実績(昨年末比):+3.86%

2006年12月26日

信用売り→現渡し→株主優待ゲット!

今日は、アサヒビール(2502)を一部売却(?)、やすらぎ(8919)を買い増しなど。

アサヒビール(2502)は、昨日の信用売りを現渡しで決済しました、結果的に一部売却となりました、株主優待はゲット!

やすらぎ(8919)は、業績の下方修正がありました。
これにより、株価に割安感はなくなってしまいました。
と言うことで、大きく上がるなら(上がらないと思いますが)、少し売るかも。

加重平均益回り:8.62%
投資資産倍率:0.925倍
運用実績(昨年末比):+3.26%

2006年12月25日

短期売買の誘惑

今日は、アサヒビール(2502)を信用売り、やすらぎ(8919)を買い増し、ファーストエスコ(9514)を買い増しなど。

今日、本屋でマネー関連の雑誌を立ち読みしていたら、短期売買で大きく資産を増やし続けている人の記事がありました。
こういうのを見ると、ハイリスク・ハイリターンな取引をしたくなってしまいます、、、我慢我慢。

加重平均益回り:8.57%
投資資産倍率:0.938倍
運用実績(昨年末比):+3.49%

2006年12月22日

超低コストメディア=wインターネット』と広告収入

今日は特に売買はなし。

超低コストメディア≠ニいう側面を持つ『インターネット』を使った無料、若しくは格安での各種サービスの提供が花盛りといった状況です。
これは、広告収入により実現されているわけだが、近い将来、競争の結果、広告収入を得る側より、広告を出稿する側の方が、商売として旨みがあるという状況になると予想しています。
そこで、どのように行動したらいいのでしょうか?

加重平均益回り:8.47%
投資資産倍率:0.933倍
運用実績(昨年末比):+4.10%

2006年12月21日

プラグイン・ハイブリッド自動車

今日は特に売買はなし。

アサヒビール(2502)の株価上昇が続いています・・・何かあるのか?。

燃費・環境性能競争で遅れている自動車メーカーから、家庭用コンセントなどで充電できる「プラグイン・ハイブリッド自動車」で、先行する他社を追撃するという発表があった。
この「プラグイン・ハイブリッド自動車」の意義がよく分からない、電気自動車でいいんじゃないの?
私が技術音痴なのか、それとも、他社の後塵を拝している自動車メーカーの経営者が技術音痴なのか?
または、消費者のニーズを理解していないような気もする。

加重平均益回り:8.45%
投資資産倍率:0.933倍
運用実績(昨年末比):+4.27%

2006年12月20日

恐るべし株主優待!?

今日は、日本鋳造(5609)を一部売却など。

アサヒビール(2502)の株価が大きく上昇しました。
何かあるのでしょうか?同業他社がM&Aに力を入れていくと発表したことに刺激を受けた?よく分かりません。
このような時は少し売って様子を見るべきだと思うが、株主優待があるので売れない・・・・恐るべし株主優待!?

加重平均益回り:8.45%
投資資産倍率:0.933倍
運用実績(昨年末比):+4.29%

2006年12月19日

場立制度の関係なのか・・・

今日は、国内市場での売買は特になし。

超早起きして、米国市場で取引してみました。
プット・オプションを売ったのだが、場立制度の関係なのか、板情報が無い・・・私の勉強不足か?
取引報告書(?)を確認すると、「Unsolicited Fees」なるものが・・・一度注文を訂正したから?・・・・やっぱり勉強不足?

加重平均益回り:8.46%
投資資産倍率:0.952倍
運用実績(昨年末比):+3.13%

2006年12月18日

米国の証券会社への入金は無事に完了

今日は、ホンダ(7267)を売却など。

米国の証券会社への入金は、無事に完了していました、手数料が大きいけど・・・・。
取引が楽しみ。

加重平均益回り:7.85%
投資資産倍率:0.953倍
運用実績(昨年末比):+3.83%

2006年12月15日

カバードワラントを少々

今日は、特に売買は無し、、、カバードワラントを少々。

今年のカバードワラントの損益は、何とかプラスにできています・・・・まだ保有している分があるので確定ではありませんが。

参考リンク:カバードワラント

加重平均益回り:7.98%
投資資産倍率:0.965倍
運用実績(昨年末比):+3.89%

2006年12月14日

米国の証券会社に入金

今日は、神鋼電機(6507)、原弘産(8894)を一部売却など。

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)、アーチャーダニエルミッドランド(NYSE:ADM)の買い注文は約定していました。

米国の証券会社への送金手続きをしました。
先日、軽い気持ちで手続きに行ったら、分からないことが多く、「国際送金のご案内」を貰っただけで帰りました。
一度にまとまった金額を送金するつもりでいたのですが、不安なので、試しに少しだけ送金してみました。

加重平均益回り:7.83%
投資資産倍率:0.965倍
運用実績(昨年末比):+3.54%

2006年12月13日

やすらぎ(8919)

今日は、やすらぎ(8919)を買い増し、など。

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)の株価が、好決算にもかかわらず下がっているので、買い注文を出しておきます。

加重平均益回り:7.74%
投資資産倍率:0.989倍
運用実績(昨年末比):+2.61%

2006年12月12日

米国の証券会社

今日は、テンプスタッフ(2476)を買い、など。

シティグループ(NYSE:C)の売り注文は約定していました。

米国の証券会社への口座開設が完了しました。
資金移動の準備中です。

加重平均益回り:7.60%
投資資産倍率:0.985倍
運用実績(昨年末比):+1.92%

2006年12月11日

シティグループ(NYSE:C)を売り

今日も特に売買はなし。

BARCLAYS(NYSE:BCS)の売り注文は約定していました。

シティグループ(NYSE:C)の売り注文を出しておきます。

加重平均益回り:7.67%
投資資産倍率:0.975倍
運用実績(昨年末比):+2.07%

2006年12月08日

BARCLAYS(NYSEシBCS)

今日も特に売買はなし。

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)の売り注文は約定していました。

BARCLAYS(NYSE:BCS)の売り注文を出していおきます。

加重平均益回り:7.77%
投資資産倍率:0.975倍
運用実績(昨年末比):+1.25%

2006年12月07日

特に何も無い平穏な日

今日は、特に売買はなし。

ゴールドマン・サックス(NYSE:GS)の売り注文を出しておきます。

加重平均益回り:7.77%
投資資産倍率:0.975倍
運用実績(昨年末比):+1.08%

2006年12月06日

郵政造反組の復党

今日は、指月電機製作所(6994)を買い、原弘産(8894)を買い増しなど。

アーチャーダニエルミッドランド(NYSE:ADM)の買い注文は約定せず、また注文しておきます。

郵政造反組の復党について、賛成・反対どちらの意見も説得力はあるが、私は反対です。
さまざまな意見を取り入れ、骨抜きにし、何も変わらないという事の繰り返しはもうたくさんである。
特定の支持団体の方しか見ず、「無党派層は寝ててくれればいい」という発言まで飛び出す始末・・・それが政治不信・低投票率に繋がっているのではないでしょうか。
多くの国民の意思を酌んだ政治をして欲しいものです。

加重平均益回り:7.77%
投資資産倍率:0.975倍
運用実績(昨年末比):+1.07%

2006年12月05日

道路特定財源の一般財源化

今日は、アサヒプリテック(5855)を一部売却など。

アーチャーダニエルミッドランド(NYSE:ADM)に買い注文を入れました。

道路特定財源の一般財源化につて、私は賛成だったが、反対意見にも説得力がある。
税金を効率的に使うことは重要だが、目的税として徴収された税金を違う用途に使うのもどうかと思う。
余る様なら減税すべきではないでしょうか。
また、完全な受益者負担というのも実現不可能でしょうし。
結論としては、減税した上で一般財源化すればいいのではないかと考えています。

加重平均益回り:7.81%
投資資産倍率:0.955倍
運用実績(昨年末比):+0.88%

2006年12月04日

畑付一戸建ての時代

今日は、やすらぎ(8919)を買い、フロンティア不動産投資法人を買い、など。

やすらぎ(8919)は、中古住宅をリフォームして販売するという事業を行っています。
戸建住宅の中古市場が活性化すれば、地方経済にとってもプラスではないだろうか。
マンションにはマンションの良さがあるだろうが、これからは、畑付一戸建ての時代ではないかと思う。
こんなことを考えながら、やすらぎへ投資しました。

加重平均益回り:7.82%
投資資産倍率:0.962倍
運用実績(昨年末比):+0.87%

2006年12月03日

非営利団体の在り方

米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長と妻メリンダさんらの運営する慈善団体が、財団の資産を夫妻の死後50年以内に全額寄付し、活動を終えると発表した。

一般的に財団法人などは、寄付などで集めた資金を運用し、その運用益によって永続的に活動しようとするのだが、私はこの事に疑問を持っていて、上記の発表は興味深い。

運用益だけで活動できるなら、寄付が途絶えても活動を続けることができる。
しかし、寄付が途絶えたこの種の団体は、存在意義が薄くなったと考えられ、その存在について熟考する必要があるのではないだろうか。

同様のことが多くの学校法人についても言えると思う。
私学の多くは、高い志を持った人によって創立されているが、その組織を存続させることが活動の主目的となっているものが目立つ。

組織存続のために資金を得ること、それ自体が目的であるならば、それは営利団体ではないだろうか。

2006年12月01日

使うことも考えねば!?

今日は、特に売買はなし。

株式以外への投資配分を大きくしたいが、いい投資先が見付からない・・・増やすことより、少しは使うことを考えようかな、大した金額を運用しているわけではないが。

加重平均益回り:8.00%
投資資産倍率:0.913倍
運用実績(昨年末比):+0.77%

自己紹介

年齢:30代後半
性別:男
投資歴:2000年ごろから株式投資を開始
運用成績(年率)
基準日:2016年5月31日
1年:-13.6%
3年:+6.8%
5年:+5.9%
10年:-2.6%

私のオススメ

おすすめの証券会社
おすすめの銀行
バッグ・鞄・財布
リサイクル石けん

投資を学ぶ

投資・資産運用入門
投資信託入門
株式投資入門
投資に関する本

金融商品

個人向け国債
仕組預金・仕組債
投資信託
ミニ株
単元未満株式
外国株・海外株式
信用取引
FX
日経平均先物・オプション取引
商品先物取引
CFD取引
夜間取引・PTS
貸株・預株
MRF
MMF
ETF
不動産投資信託「REIT」
外貨MMF
カバードワラント
外国の銀行・証券会社

投資ツール&ゲーム

システムトレード
メールマガジン
無料チャート
仮想取引・バーチャルトレード
投資家のパソコン選び
マルチモニタ

動物・ペット

犬・猫は保健所で貰おう
ペットフード(犬・猫)
犬・猫もシックハウス!?
よく吐く猫

動物愛護法8週齢規制キャンペーン

ショッピング

菜食主義・ベジタリアン
電気不要の加湿器

ビジネス

フランチャイズ
仕事探し

その他

健康保険改革
給付付き税額控除
景気
年金
政府紙幣
インフレ
金は天下の回り物
自由主義
健康と免疫力
化学物質過敏症
キャンペーン情報
投資家のクレジットカード選び
自己紹介
お問い合わせ

過去の記事

2016年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2015年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2014年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2013年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2012年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2011年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2010年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2009年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2008年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2007年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2006年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

当サイトはリンクフリーです。 / Copyright(C)2004-2016 投資の極 All Rights Reserved.

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、誤った情報・古い情報等があるかもしれません。
当サイトの利用は自己責任でお願いします。