投資の(きわみ)

2007年09月29日

ミニブタの息が臭い・・・・

一ヶ月程前、飼い手のいなくなったミニブタを飼うことになってしまいました。

豚は犬と違って、五月蝿くない点はいいのですが、臭い・・・・。
排泄物とは違う臭さがあるんです。
ミニブタ自体の周囲だけで独特の臭いがするんです。
息が臭いのでしょうか?
豚は反芻動物ではないはずだが・・・・。

因みにエサは、ネット通販でミニブタペレットを買い、与えています。

参考リンク:どうぶつのごちそう牧草屋

2007年09月26日

国の借金と金利

日本国の借金が大変な額になっているということで、日本が破綻すると騒ぐ人や、逆に楽観的に見ている人などさまざまだが、私はその中間的な見方をしている、多分。

日本の公的部門にお金を貸しているのは主に日本国民で、この借金返済の原資も日本国民から徴収されるので、日本人全体で見れば何も問題はないわけです。
ただ、最近、外国人に日本国債を買ってもらおうとする動きがあり、心配ではあるが、何と言ってもこの低金利、買わないでしょう?
また、問題はないと言っても、日本国民がいつまでも公的部門にお金を貸し続ける(ことが可能)とは限らないので、財政を健全にする方向で政治は為されるべきだろう。

日本の公的部門にお金を貸した覚えはないと言う人もいるだろうが、預貯金や保険などを通じて貸しているわけです。

次に、公的部門を介したお金の流れと現在の超低金利について考えていく。

金利が低いと、既にそれなりの資産を保有していて利息収入を期待している人は困るだろうが、リスクを取って(借金をして)これから資産を築こうとする人にとっては好環境と言える。

また、ここ数年の銀行を見ていると、お金を借りてくれる人がいなくて困っているように見える。
多くの日本人にとって望ましい事由による物価上昇も起こり難い状況だと思う。
従って、現在の低金利はまだまだ続くというのが私の見方です。


カナダについて


カナダは、アメリカと長く共同防衛協定を結んでいるものの、対イラク戦争に参加せず、ブッシュ政権が強く望んだミサイル防衛構想にも協力しなかった。にもかかわらず、同盟国から非難されず、我が道を歩んでいる。(週刊エコノミスト 2007年8月7日号より)


日本はなぜカナダのように行動できないのだろうか?
日本はなぜカナダのように扱ってもらえないのだろうか?

私にとってカナダは、投資したいと思える対象のひとつである。

2007年09月24日

太陽熱温水器のススメ

我が家の屋根に太陽熱温水器を設置してから一ヵ月半余りが経った。
太陽熱温水器を設置して以来、ボイラーは一度も使っていない。
午前中が曇りで午後から雨といった日もボイラーは必要なかった、前日までの湯が残っていたためだろう。

太陽熱温水器と同じ様に太陽エネルギーを活用する太陽光発電と大雑把に比較してみる。
太陽電池のエネルギー効率が15%弱程度なのに対して、太陽熱温水器のそれは50%程度らしい。
費用対効果は太陽熱温水器の方が断然優れているだろう、寿命を考慮しなければ。

そんな訳で、お湯をたくさん使う施設は、太陽熱温水器の導入を検討してはどうだろうか、風呂屋・温水プール・お年寄りを対象に入浴サービスを行っている施設など。
太陽熱温水器の製造メーカーも、これらの施設に積極的に売り込んではどうだろうか?これらの施設で太陽熱温水器を見たことはないが。

さまざまな理由から、化石燃料を安価に利用できる状況にはならないように思う。
従って、脱化石燃料生活を志向しておいて損はないのではなかろうか。

自己紹介

年齢:30代後半
性別:男
投資歴:2000年ごろから株式投資を開始
運用成績(年率)
基準日:2016年5月31日
1年:-13.6%
3年:+6.8%
5年:+5.9%
10年:-2.6%

私のオススメ

おすすめの証券会社
おすすめの銀行
バッグ・鞄・財布
リサイクル石けん

投資を学ぶ

投資・資産運用入門
投資信託入門
株式投資入門
投資に関する本

金融商品

個人向け国債
仕組預金・仕組債
投資信託
ミニ株
単元未満株式
外国株・海外株式
信用取引
FX
日経平均先物・オプション取引
商品先物取引
CFD取引
夜間取引・PTS
貸株・預株
MRF
MMF
ETF
不動産投資信託「REIT」
外貨MMF
カバードワラント
外国の銀行・証券会社

投資ツール&ゲーム

システムトレード
メールマガジン
無料チャート
仮想取引・バーチャルトレード
投資家のパソコン選び
マルチモニタ

動物・ペット

犬・猫は保健所で貰おう
ペットフード(犬・猫)
犬・猫もシックハウス!?
よく吐く猫

動物愛護法8週齢規制キャンペーン

ショッピング

菜食主義・ベジタリアン
電気不要の加湿器

ビジネス

フランチャイズ
仕事探し

その他

健康保険改革
給付付き税額控除
景気
年金
政府紙幣
インフレ
金は天下の回り物
自由主義
健康と免疫力
化学物質過敏症
キャンペーン情報
投資家のクレジットカード選び
自己紹介
お問い合わせ

過去の記事

2016年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2015年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2014年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2013年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2012年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2011年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2010年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2009年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2008年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2007年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2006年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

当サイトはリンクフリーです。 / Copyright(C)2004-2016 投資の極 All Rights Reserved.

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、誤った情報・古い情報等があるかもしれません。
当サイトの利用は自己責任でお願いします。