投資の(きわみ)

2009年06月28日

持ち家?賃貸?住宅のリース販売はどう?

大手住宅メーカーが自社で販売した住宅を買い取り、リフォームして再販売する事業を拡大しているそうな。

資源を有効利用し、経済的な面でも得をする。いいことだと思うが、ひとつ提案。

再販売するのではなく、住宅メーカーが住宅を所有し、賃貸住宅にしてはどうか?

リースでもいいな・・・・リース?

住宅のリースってあるのか?
簡単にネットで調べた限りでは見付けられなかった。

賃貸住宅と持ち家のどちらがいいかは非常に難しい問題である。

賃貸住宅は、簡単に住み替えることができる反面、永久に家賃を払い続けなければならない。
一方、持ち家は、安易な住み替えはできないが、購入代金を払い切ってしまえば負担は軽くなる。

リース販売は、この2者の良いとこ取りができるのではないか。

リース料を払って住んでいる間は賃貸と同じ。
そして、リース契約満了後は、再リースするか、もしくは残価を払って買い取るかを選べば良い。

こんなのどう?

2009年06月17日

裏目

川崎重工業(7012)の株価が急上昇している。
短時間で充電可能なニッケル水素蓄電池を開発したとの報道が材料か?

今年の1月に、「今更ニッケル水素?」ってことで売却したのだが・・・・。
少し前に書いたことだが、原材料費だけで見ればリチウムイオン電池の方が安いという話もある。
やっぱり、「今更ニッケル水素?」と思ってしまう。

住友林業の株価が急上昇している。
私が売却した途端にこれだ、涙目・・・・。
金融機関による投資判断の格上げが材料だとしたら、続かないと思うのだが・・・・。


スーパーカブ110

ホンダ(7267)は、排気量109ccの「スーパーカブ110」を発売する。

「インジェクション+原付二種」に魅かれる。

2輪に乗る元気が・・・・。

2009年06月04日

バッテリー交換方式の電気自動車の成否

日産自動車は電気自動車のバッテリーに、数分で着脱できるシステムを採用するらしいです。

私は、この方式は普及しないと思うのですが。

何のために自動車を走らせるのでしょうか?
ほとんどの場合、目的地に向かうためでしょう。

そして、幾ばくかの時間を目的地で過ごすことになるわけです。
従って、『目的地』で充電すれば良い。

次に、目的地に着く前にバッテリーが切れる場合を考える。

これから発売されようとしている電気自動車を、満充電から空になるまで連続運転するのは体力的に無理。

従って、必然的に途中で休憩することになる。
その休憩中に充電すれば良い。

そんなわけで、電気自動車にバッテリー交換方式は不要であると考える。


長期優良住宅「200年住宅」対象の50年ローン

長期優良住宅、いわゆる「200年住宅」を対象に、50年ローンが発売される。

税制などにも言えるが、借金を推奨するようなことはやめた方がいいのではないかと思うのだが。

自己紹介

年齢:30代後半
性別:男
投資歴:2000年ごろから株式投資を開始
運用成績(年率)
基準日:2016年5月31日
1年:-13.6%
3年:+6.8%
5年:+5.9%
10年:-2.6%

私のオススメ

おすすめの証券会社
おすすめの銀行
バッグ・鞄・財布
リサイクル石けん

投資を学ぶ

投資・資産運用入門
投資信託入門
株式投資入門
投資に関する本

金融商品

個人向け国債
仕組預金・仕組債
投資信託
ミニ株
単元未満株式
外国株・海外株式
信用取引
FX
日経平均先物・オプション取引
商品先物取引
CFD取引
夜間取引・PTS
貸株・預株
MRF
MMF
ETF
不動産投資信託「REIT」
外貨MMF
カバードワラント
外国の銀行・証券会社

投資ツール&ゲーム

システムトレード
メールマガジン
無料チャート
仮想取引・バーチャルトレード
投資家のパソコン選び
マルチモニタ

動物・ペット

犬・猫は保健所で貰おう
ペットフード(犬・猫)
犬・猫もシックハウス!?
よく吐く猫

動物愛護法8週齢規制キャンペーン

ショッピング

菜食主義・ベジタリアン
電気不要の加湿器

ビジネス

フランチャイズ
仕事探し

その他

健康保険改革
給付付き税額控除
景気
年金
政府紙幣
インフレ
金は天下の回り物
自由主義
健康と免疫力
化学物質過敏症
キャンペーン情報
投資家のクレジットカード選び
自己紹介
お問い合わせ

過去の記事

2016年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2015年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2014年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2013年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2012年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2011年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2010年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2009年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2008年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2007年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

2006年
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

当サイトはリンクフリーです。 / Copyright(C)2004-2016 投資の極 All Rights Reserved.

情報の正確性には細心の注意を払っていますが、誤った情報・古い情報等があるかもしれません。
当サイトの利用は自己責任でお願いします。