Amazon.co.jp ウィジェット インデックス投資の問題点、チャンスでは?

インデックス投資の問題点、チャンスでは?

スポンサーリンク




インデックス投資は、他人の評価にタダ乗りする投資法なので、インデックス投資の比率が高くなると、市場の評価機能に支障が出るのではないかと言われています。
市場の評価機能が低下することは、時間を味方につけることができる個人投資家にとっては、チャンスでもあると思うのです。

インデックス投資は、ある銘柄の株価が相対的に高くなると、追随して買うことになり、逆に、ある銘柄の株価が相対的に下がれば、追随して売ることになります。つまり、市場におけるインデックス投資の比率が高くなると、「株価が上がるから買う。買うから上がる」「株価が下がるから売る。売るから下がる」といった現象が強まると思うのです。

インデックス投資によって、株価の中・長期的な振幅が大きくなると思われるので、割安な銘柄を買い、下がればナンピン買いし、配当も再投資していくくらいの覚悟をもって臨めば、時間はかかるでしょうが、、いずれ大きなリターンを手にすることができるのではないか、と。

インデックス投資の比率が高まるなら、これをチャンスととらえ、投資法を考えていきたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする