医学部の設置や病院経営に対する規制が減れば

新型コロナウイルスに関連して、新型コロナ専門病院を設けるべきだとの提案が、一部の議員や医療関係者から出ている。私もこれに賛成です。

新型コロナ患者を受け入れていたら、それ以外の患者は不安でしょうし、また、新型コロナに対応できる人材や機器を特定の病院に集中させれば効率も上がるのではないでしょうか。

それから、医療分野の根本的な課題に目を向けるなら、様々な規制が問題だと思う。

医学部の設置や病院経営に対する規制が減れば、新型コロナに対応できないような小規模な病院は減り、大規模な病院を複数経営するグループができるのではないか。

大規模な病院をいくつも経営していれば、そのうちの一つを新型コロナ専門病院にするという判断もしやすいのではないか。

政治を利用して既得権を守っていると、人々の要求をくみ取る意欲がなくなり、業界全体が衰退していくことでしょう。テレビ界のように。

ただ、医療サービス分野が衰退するなら、それは、自分の健康に関心を持つ人が増えた結果でしょうから、いいことかもしれない。