Amazon.co.jp ウィジェット MRFとは

MRF

スポンサーリンク




MRFとは、Money Reserve Fund(マネー・リザーブ・ファンド)の略で、主に公社債で運用される投資信託です。

証券会社の口座(証券総合口座)に現金ができると(入金したり、株を売却したりすると)、自動的にMRFを購入し、逆に、証券総合口座から出金したり、株を購入したりすると、自動的にMRFは解約されます。
MRFに関して、特に意識する必要はありません。

MRFを購入したくない場合は、証券会社にその旨を伝え、手続きをすると、証券総合口座に現金が生じてもMRFを購入しないようにできます。
また、証券口座の開設を申し込む段階で、MRFを申し込むかどうかを選べるようになっていると思います。

MRFは投資信託なので、元本保証はありませんが、極めて安全性が高く、元本割れしたことはない(はず)です。

リスクが低い分、リターンも低く、分配金は銀行の普通預金の利子程度です。

毎日決済し、分配金は月末にまとめて再投資されます。

利回り・金利

税引前の年換算利回りの一覧表です。
2013年3月4日時点のデータを掲載しています。

名称 利回り(%) 取り扱い金融機関
ダイワMRF 0.087 マネックス証券
楽天証券
日興MRF 0.055 マネックス証券
野村MRF 0.05
三菱MRF 0.0624
三菱UFJ MRF 0.0744
新光MRF 0.0536
MHAMのMRF 0.051
国際のMRF 0.0653
日本MRF 0.0467
東京海上MRF 0.0638
トヨタMRF 0.0584

MRFよりも高利回り?

住信SBIネット銀行の「SBI ハイブリッド預金」は、SBI証券の買付余力に自動的に反映される銀行預金(円普通預金)で、運用上はMRFとほとんど変わりありません。
「SBI ハイブリッド預金」の金利は、2013年3月4日現在、0.1%です。

楽天銀行では、楽天証券との連携サービス「マネーブリッジ」の利用で普通預金金利優遇。
2013年3月4日現在、優遇金利は0.1%

ある程度の期間預けるなら

住信SBIネット銀行は定期的にキャンペーンを行っていて、現在は「円定期預金特別金利&新規口座開設でもれなく現金プレゼント」を実施しています。
期間:2013年2月4日(月)~2013年3月31日(日)まで。

預入期間 特別金利
6ヵ月もの 年 0.27%
1年もの 年 0.30%

他にも、確定申告応援キャンペーン(還付金の受け取りを条件に、抽せんで1万円が当る。2013年5月31日まで。)などを行っています。

楽天銀行は「円定期預金 特別金利キャンペーン」を実施しています。
期間:2013年2月1日(金)~2013年3月29日(金)まで。

預入期間特別金利1ヵ月年 0.08%3ヵ月年 0.10%6ヵ月年 0.27%1年年 0.30%

1ヶ月、3ヶ月の金利は預入単位が1万円以上100万円未満の場合の金利です。

新生銀行には2週間満期の定期預金があり、金利は2013年3月4日現在、0.2%です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする