Amazon.co.jp ウィジェット ドルコスト平均法

ドルコスト平均法

スポンサーリンク




823 名前:名無しさん@お金いっぱい。 本日の投稿:2012/04/16(月) 09:55:33.98 ID:8Ti7xlhn0

ドルコスト平均法の理論では、買いは定額、結果的に安いときにたくさん買って高いときに少なく買うことになる
逆に定額で売り続けると安いときにたくさん売って高いとき少なく売ることになって損をする
つまり売りのドルコスでは定額ではなく、定量だと得をすることになる

そう考えると、毎月配当とは○株あたりでもらえるため定量
売りのドルコスト平均法の効果が出てくる

824 名前:名無しさん@お金いっぱい。 本日の投稿:2012/04/16(月) 09:57:45.76 ID:8Ti7xlhn0

毎月定額購入が有利と言われるドルコスト、売却のことも考えてみる。
毎月定額購入が有利なら相対する毎月定額売却は不利ということ。
実はドルコストでは渡すもの(購入時:お金、売却時:物)一定が有利なのだ。
毎月定量売却が有利。定額購入、定量売却が有利なのだ!

引用元:2ちゃんねる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする